ラシックスは強力な利尿作用で水分の排出を助けます。それによりむくみやすい女性はもちろん、ダイエット効果にも役立つのです。

痩せ体質への願望

痩せ体質への願望持った女性

女性にとって、痩せていることに対する憧れは非常に強いものです。テレビに出ている綺麗な女性タレントは、もれなく痩せていてスタイル抜群です。わたしもこうなりたい!という気持ちから、理想の体型のモデルさんを待ち受け画面に設定して、いつでも意識できるようにしている人もいるのではないでしょうか。

「痩せ体型」に対するレベルが近年になって凄く高くなってきています。

今までは標準体重(身長に適したおおよその標準的な体重)よりも少し下回っていれば痩せ体型と思われていましたが。今はそれよりもさらに一回りも二回りも細い体が痩せ体型の標準となっています。

特に、若い女の子にこの思考は多い傾向があります。周りの目を意識しすぎて、本来どうあるべきかを見失ってしまっているのでしょう。

しかし、現実的には「痩せた~い!」とカフェでケーキを食べながら言っている、そんな女性がほとんどでしょう。口では簡単に言えるものの、実行するのはとても難しいのがダイエットです。

過度のダイエットはストレスの原因にもなってしまいますし、決して気分がいいものではありません。

努力して理想の痩せ体型を手に入れたとしても、それを維持することも難しいですし、また頑張っていたにも関わらず結果が実らなかった時にはそれこそ大きなストレスに感じてしまうはずです。ストレスを感じることは、ダイエットにとっては大敵なのです。

なるべくストレスを感じることなく、痩せ体型に近づく方法をお教えしたいと思います。

ラシックス(利尿剤)を購入してむくみをスッキリ

太る原因とは

太ってしまってることに気付いた女性

そもそも、人はなぜ太ってしまうのか。

率直に言ってしまえば、太る原因は人それぞれです。複数人が全く同じ生活スタイルで生活したとしても、太る人もいれば太らない人もいます。

もともとの体質や基礎代謝量も関係してくるので、一概にこれが太る原因である!と言い切ることはできませんが、太る原因として最も多いのは「食生活」によるものです。

ファーストフードやコンビニ食など偏った食事ばかりとっている、暇さえあれば何か食べている、寝る前に重めの食事をとる、食事を抜くことで極度の空腹を感じ、大食いする、などいかにも太りそう…と思う行為こそ、太る原因なのです。

このような食生活を送りながらも、きちんと運動をしているのであればもちろん何の問題もありませんが、大人になるとそこまで運動する機会もありませんよね。

学生時代であれば、毎週の体育の授業や部活動などで運動する機会はある程度設けられていましたが、大人になると自発的に運動しなければいけなくなるので、怠ってしまう人が多いのです。

運動はやはりしんどいものですし、時間的にも余裕がなければできないということもあって、なかなか運動したくてもできない人もいるかもしれませんが、食生活を改善することなく運動不足を継続したままだと、摂取したカロリーはそのまま消費されることなく体内に吸収され、どんどん太ってしまうことへと繋がってしまうのです。

むくみが原因の場合も

むくみが原因かもと考えている女性

太っている、と感じるのは必ずしも脂肪量が増加したことが原因ではありません。

先程、「太る原因の大半は食生活にある」と言いましたが、他の太る原因として挙げられるのが「むくみ」です。

食事量を極端に減らしているのになかなか体重が減らない、むしろ体重が増えてしまった、なんて経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。

その原因こそ、むくみなのです。

寝る前に水分を摂りすぎたことで、朝起きたら顔や脚がパンパンになってしまって、化粧のりが悪くなる、デニムのパンツが入らなくなる、など、体のどこかにむくみを感じたことのある人は多いでしょう。

1日すれば解消されることが多いですし、むくみを深刻に捉えたことはほとんどないと思います。

しかし、むくみは身体にとっては非常に厄介な現象なのです。

むくみは、血液やリンパ液などの流れが滞ってしまうことで起こります。

リンパ液は体内にある不要な水分や老廃物を排出するはたらきがあるので、その流れが滞ってしまうと、水分や老廃物を溜め込んでしまいます。これがむくみです。

メカニズムが分かれば、むくみがいかによくないものかは一目瞭然でしょう。むくみは放っておくと、どんどん悪化してしまう危険なことでもあるのです。

そのため、むくみは早めに対策を講じる必要があります。

むくみ解消は痩せ体型への近道

むくみを解消できた女性

むくみは、ただ身体に悪いだけでなく、太って見せてしまうことへも影響があります。

体重の増加にも影響がありますが、見た目にも大きな変化をもたらします。

むくみを感じやすい顔やふくらはぎなどは、隠しにくい場所でもあるのでどうしても人に見られてしまいます。

他人からは見えている部分でしか判断できないので、顔がパンパンなだけで「あの人太っている」と思われてしまいます。

このようなむくみを解消するだけで、かなりほっそりして見せることができます。

たとえば、ふくらはぎが細いだけでも、かなり美しく見えるものです。むくみやすい場所は、隠しにくい場所でもありながら目につきやすい場所でもあります。

見える部分を変えるだけでも、スタイルは全く違うものに見えるでしょう。

とはいえ、むくみを解消したからといって、完全に痩せたと言えるわけではありません。

むくみを解消するだけで細い体に見せることは可能ですが、むくみ原因は水分です。水分を排出してむくみを解消することができるのです。

つまり、体についている脂肪が消えて細くなっているわけではありません。

その点はしっかりと理解しておくようにしましょう。

むくみの原因は水分

水分補給する女性

男性がむくみで悩んでいる、なんてことをあまり聞いたことがないですよね?

むくみは女性だけに起こるものではなく人間であれば誰でも起こりうるはずなのに、なぜ男性は滅多にむくまないのでしょうか。

もちろん、男性がむくみを意識していないから気付いていないだけ、なんてことはありません。

前述した通り、むくみは水分が原因になっています。

その水分はなぜ溜まってしまうのか、というのが問題でもあるのです。

もともと、男性には筋肉をつけるためのホルモンが女性より多く、男性と女性とでは筋肉量が大きく違ってきます。なので、同じ運動量でも蒸発できる水分量は異なってくるのです。つまり、筋肉量の少ない女性は、よりむくみを感じやすいということでもあります。

また、むくみ解消には基礎代謝量も関係してきます。男性と女性とでは、推奨摂取カロリーが異なります。

推奨摂取カロリーは基礎代謝量に基づいて設定されているので、男性の方が基礎代謝量も多いということになります。基礎代謝量は筋肉量も関係してきます。筋肉量が多ければ基礎代謝量もあがります。

基礎代謝は、生活習慣や食生活であげることができます。なので、女性だから少なくて当たり前、なんてことはないのです。筋肉量と基礎代謝量の両方を意識することがむくみ解消に繋がります。

また、女性はヒールなど脚に負担をかける靴を履くことが多いので、それもむくみを生み出す原因になっているのです。ふくらはぎにある筋肉は、脚にとってはポンプのような役割を担っている部分でもあります。その筋肉が、ヒールを履くことにより伸び縮みできない状態になってしまうのです。それによって、脚はどんどん水分を循環させることなく、脚に溜め込んでしまうのです。また、立っている状態だと必然的に重力の関係で下へ下へと水分は流れてしまいます。

ヒールは脚が細く見えるから履きたい!そんな気持ちも分かりますが、むくみやすい履物なので、ヒールを履く場合はきちんとむくみ解消をしてあげるようにしましょう。

水分を排出することがむくみの解消に

風呂でマッサージで水分を排出

むくみの原因となる水分ですが、排出することでむくみは解消することができます。

当たり前のように言っていますが、それができればむくみに悩むことはないですよね。

もちろん、簡単に水分を排出することはできません。

むくみ解消法として、脚を上げて眠る、お風呂でマッサージをする、などがよく言われています。脚を上げて眠るに関して言えば、ただ脚に溜まっている水分を他の場所に流し込むだけなので、脚のむくみは解消できたとしても、身体の中から水分が排出されたことにはなりません。

もう一つのお風呂でのマッサージですが、これは非常に効果的です。

忙しくて湯船にゆっくり浸かることができないかもしれませんが、毎日湯船に浸かることもむくみ解消にはかなりいいのです。

汗をかくことで水分の排出ができますし、体温が上がって血行が良くなった状態は、リンパの流れを改善するには最適の状態です。

水分の排出と、リンパの流れの改善を並行して行えるので、お風呂でのマッサージはむくみ解消にはオススメの方法です。

また、トイレを我慢することもむくみの原因になってしまいます。

むくみの原因が水分なら、水分をあまり摂取しなければむくまないのか、というとそうではありません。

水分摂取を過度に減らしてしまうと、体内で水分不足が発生してしまい、血液もドロドロになってしまいます。

そのため、水分をきちんと摂取し、身体の中に常に新鮮な水分を循環させることもむくみ解消には重要なのです。水分摂取量が増えれば、その分トイレにも行きたくなってしまいます。古い水分を排出するには排尿が一番です。状況によってはトイレを我慢しなければならない時があるかもしれないですが、なるべく我慢せず行きたい時に行くようにしましょう。

むくみの解消に有効なラシックス

ラシックス

水分を最も手っ取り早く排出する方法は排尿です。

汗をかくこともいいことではありますが、一気に大量に出るまでに至るにはかなり時間がかかってしまいます。しかし、排尿の場合には一瞬で大量の水分を排出することが可能です。

成人の場合には、一回の排尿で300ml前後の尿が出ます。

1日4、5回行くとして、平均1.5リットル近く排出することになります。

意識しながら排尿することはないと思いますが、これほどたくさんの水分を体外に排出しているのです。

むくみは水分をうまく排出することができない人がなる傾向にあるので、1日でトイレに行く回数が少ない、1回の排尿量が少ない、など排尿時に何かしらの問題があるのです。

そこで、利尿作用のある「ラシックス」をオススメします。ラシックスは、利尿剤の中でもかなり作用の強い薬で、むくみ解消によく用いられる薬なのです。

排尿はしようと思ってできるものではありません。日によっては1日2回程度しか行かなかった、なんて日もあるでしょう。そうなってしまうと、体内には古くなった老廃物や水分が溜まってしまって、むくみの原因になるだけでなく、体調不良を引き起こしてしまう危険性もあります。

排尿を薬に頼ることに不安を感じてしまうかもしれませんが、利尿剤としては評価が高く、芸能人の中にも愛用している人がいるほどかなり人気の薬なのです。

ラシックス(利尿剤)を購入してむくみをスッキリ

ラシックスの効果

ラシックスの効果を説明する医者

ラシックスは、有効成分であるフロセミドが腎臓に作用します。

腎臓は、身体に必要なものと不必要なものとを血液中から判別し、必要となったものは体内に再吸収され、不必要となったものは尿として体外に排出するはたらきを持っています。つまり、腎臓が上手く機能しなくなってしまうと、尿の排出量が格段に減少し、体内には老廃物や毒素など身体にとってよくないものが蓄積されてしまうのです。

そこで、ラシックスを服用することで大量の尿を生成し、体内に蓄積している老廃物や毒素、そして水分もまとめて体外に排出するのです。また、尿量が増えることで血圧を下げる効果もあります。むくみ解消ではなく、高血圧治療にラシックスを使用している人も実際にいます。血圧下降と水分量の減少との相乗効果でむくみはかなり効率よく解消することができるでしょう。

ラシックスの作用機序

ラシックスのシート

ラシックスの主成分であるフロセミドは、ヘンレ係蹄上行脚のNa+-K+-2Cl-(ナトリウムカリウム塩素)共輸送体のはたらきを抑制する作用があります。

簡単に言うと、ナトリウム、カリウム、塩素の再吸収を阻害するはたらきを持っている薬ということです。

ナトリウムは水と一緒に体内を移動するので、ナトリウムが吸収されてしまうということは、水も吸収されてしまうということでもあります。その結果、血液量は上昇してしまい、尿量も減少してしまうのです。しかし、このラシックスを服用すれば、ナトリウム、つまり水を血液内に吸収してしまう輸送体のはたらきを抑制することで水の再吸収も阻止することができます。

血液量が減少する一方で、尿量が増えるということなのです。こういった作用機序を持っている利尿薬のことをループ利尿薬といい、ループ利尿薬の中でも特に作用が強いのがこのラシックスなのです。

つまり、「水の血液への再吸収を防ぎ、水を尿生成に回すはたらきをする」のがラシックスです。

ラシックスを使用する前に覚えておこう

服用上の注意

ラシックスを服用する女性

ラシックスを服用する際に注意すべきことは、普通の医薬品を服用する時となんら変わりはありません。

まず、アレルギーを持っている人やすでに別の薬を服用している人は自己判断で使用するのは避け、医師に相談することが必要です。

アレルギーや持病の種類によっては、その症状を悪化させる原因になりかねません。

特に、尿生成に関係する腎臓の病気や肝臓病、糖尿病などが発病している人は要注意です。

不安要素が1つでもある場合には、迷わず医師に相談するようにしましょう。

次に、当たり前のことではありますが、服用方法はしっかりと守るようにしましょう。

ラシックスは、1日1錠、または2錠を水かぬるま湯で服用します。1回につき1錠しか服用してはいけないので、1錠しか服用しない場合には朝の1回、2錠服用する場合には朝と昼に2回服用することになります。毎日服用することで効果があらわれるので、なるべく忘れないようにしましょう。

また、併用して服用することを注意しなければならない薬もたくさんあります。

副作用が重く出てしまう、などの何かしらの悪影響が出てしまうことがあるので、服用する際には併用注意な薬もチェックしておきましょう。

軽度の副作用

副作用を感じている女性

ラシックスは利尿作用が強いこともあって、薬の効果が出すぎてしまうと脱水症状を起こしてしまう可能性が非常に高いです。めまいやふらつきが頻繁に起こることもあるので、特に高齢者の方や身体が弱い方の服用は気をつけるようにしましょう。

また、ラシックスは血圧を下げるために利用される事があるので、低血圧になってしまう危険性もあります。他にも、頭痛や下痢、食欲不振などの副作用が出ることもあります。ただし、これらの副作用は薬の効果が持続している間しか見られない傾向にあるので、効果が切れると同時に副作用もなくなる場合がほとんどです。そのため、そこまで危険視する必要はないでしょう。

もちろん、必ずしも副作用が出るわけではありません。

健康体の方であったり、正しい服用をしていれば副作用が起こらないこともあります。

ただ、もともとナトリウムやカリウムが不足しがちな人や、血圧が低い人が服用すると、こういった副作用が出てしまうこともあります。

重度の副作用

気分が悪くなっている女性

ラシックスを服用する際に起こる重度の副作用として、アナフィラキシー症状や不整脈、再生不良性貧血、汎血球減少症、水疱性類天疱瘡、間質性肺炎、間質性腎炎などがあります。

最も危険視されているアナフィラキシー症状の初期症状としては、気分が悪くなる、顔色が悪くなる、手足が冷えたりしびれる、意識を失いそうになる、などが挙げられます。

これらの症状が見られた場合には、すぐに服用を中止し、病院に行くようにしましょう。

ダイエットよりも命のほうが大事です。独断で大丈夫だろう、と思っていることが実は命に関わる危険なことかもしれないのです。なので、違和感が少しでもあった場合にはすぐに服用を中止しましょう。

また、本来排尿量を増やすはずのラシックスを服用しているのに、全く排尿量が増えない、もしくは全く尿が出ない、尿が濁っている、尿が泡立っている、血尿が出る、など尿の排出に問題がある場合には、腎臓が病気になっている危険性があります。

正常な腎臓の場合にはきちんと排尿量だけ増えるようにできているので、これらの異常事態は病気のサインと考えられます。こちらも同じくすぐに服用を中止し、病院に行くようにしましょう。

副作用が起きないように

副作用が起きないように注意を促す医者

副作用が起きてしまう可能性は、正しい服用方法を守らないことでぐんと上昇してしまいます。効果が感じられなかったら不安だから、早く痩せたいから、と規定量以上のラシックスを服用する、という行為も副作用を発症させる原因です。

ラシックスは、毎日正しく服用することで効果を感じることのできる薬です。

飲んだらすぐにむくみが解消されるなどの即効性があるものではないので、その点を理解した上で服用するようにしましょう。

また、ラシックスを服用する際に起こりがちな脱水症状ですが、これは適度な水分補給で解消することができます。ラシックスは特に利尿作用が強いので、いつもより多くの尿が排出されることになります。いつも摂取しているだけの水分量だと足りないかもしれないので、意識的にいつもより多めの水分を摂るようにしましょう。

カリウム不足に要注意

カリウムを含む野菜

ラシックスにはナトリウムやカリウム、塩素の再吸収を阻害するはたらきがあるという話をしましたが、これは同時に体内から必要分のナトリウムやカリウムが不足してしまう原因になってしまいます。

ナトリウムとカリウムは基本的にセットではたらきます。

ナトリウムとカリウムはバランスを保つことで、血圧を調整しています。そして、カリウムには摂取しすぎた分のナトリウムを体外に排出するはたらきを持っています。必要量のカリウムがきちんと摂取できていれば、体内の不要な水分を体外へ排出でき、体内の水分が溜まってしまうこともないのです。つまり、カリウムの不足はむくみの原因になってしまうのです。

ナトリウムにとってカリウムは必要不可欠な栄養素であるにも関わらず、ナトリウムよりもカリウムのほうが食事から摂取しづらい傾向にあるので、不要なナトリウムを排出しきれるほどのカリウムが、ほとんどの人の体内には存在していないということなのです。

カリウムを多く含む食材はたくさんありますが、調理してしまうことで吸収率がかなり下がってしまいます。カリウム含有量は多くても生で食べることのできないものもあるので、調理方法を工夫するなどの努力をすることが必要になります。

カリウムが不足すると起こる症状

脱力感のある女性

カリウムが不足してしまうと、筋肉や腎臓、神経などに大きく悪影響を及ぼします。

脱力感や呼吸困難、不整脈、腎機能の低下を起こしてしまうことがあります。腎機能に関係しているという風に説明してきたカリウムが、なぜ心臓や神経にまで影響してしまうのか、と不思議に思ってしまいますよね。

カリウムは、腎機能を管理するだけでなく、神経のはたらきや心臓の調節機能に関しても作用しているのです。よって、筋肉にも力が入らなくなってしまう、脈が整わなくなる、などの症状が出てしまうのです。

もちろん、カリウム不足で起こる症状として、むくみがあります。

先程も言いましたが、ナトリウムとカリウムのバランスがなによりも重要なのです。ラシックスを服用することによって水分を多く摂取しなければ!とカリウムを含まない水分ばかり飲むのはあまりオススメしません。ナトリウムとカリウムは、1:2の比率がベストと言われており、これを維持することが正常な体内の水分濃度を保つことに繋がるのです。

食事で不足してしまう場合もありますが、病気や、病気の治療として服用している薬がカリウム不足の原因を作っていることもあります。カリウム不足が思わぬ事態を招いてしまうかもしれないので、カリウム摂取を意識的にするようにしましょう。

食事とサプリメントでカリウム不足を防止

味噌汁

カリウムは食事から摂るのは難しく、調理法が重要になるということを言いました。実際に、加熱調理することでかなりのカリウムが欠失してしまいます。カリウムは、大豆やえんどう豆など、豆類の食材には多く含まれています。他にも、ほうれん草やパセリ、にんにくなどにも多く含まれています。

しかし、ほとんど加熱調理が必要なものなので、煮汁をそのまま料理に使うか、味噌汁にするなどの調理法がいいでしょう。流れ出てしまったカリウムを摂取できる調理法を見つけましょう。

食事から摂取するのが難しい、と感じる人にはサプリメントでの補給をオススメします。調理法や含有量の多い食材など考えることなく、サプリメントを摂取するだけで1日分のカリウムを簡単に補うことができるので、忙しい女性にとっては嬉しいでしょう。もちろん、食事から摂るのが一番いいですが、今日はちょっと少ないなと感じるときにだけサプリメントに頼る、など依存しないようにサプリメントと上手く付き合っていくようにしましょう。

どのくらい作用するのか

ラシックスの作用を説明するナース

ラシックスは服用後、割とすぐに効果を感じることができます。

ラシックスが最高血中濃度に到達するのにかかる時間は1~2時間で、非常に短いです。また、ラシックスの効果が利尿作用ということでトイレが必然的に近くなってしまいますが、効果の持続時間はだいたい6時間程度なので、ずっとトイレが近い状態が続くことはありません。ラシックスは半減期が30分前後とこちらも非常に短いので、すぐ効いてすぐ効果が切れるという、とても切れのいい薬でもあります。

しかし、中には数時間で利尿作用を感じられなくなったことを不安に感じ、追加で服用してしまう人もいるようです。もちろん、これはよくありません。何度も言っていますが、毎日継続することで効果を感じることのできる薬です。

1日でどうにかなるものではないので、とりあえずは経過をしっかりと見守るようにしましょう。それでも全く効果が感じられない場合には、何かしら体調に異変が生じているかもしれないので、その時は病院に行くようにしましょう。

服用のタイミング

ラシックスを服用する女性

ラシックスを服用するのは朝か昼に1錠ずつということを言いましたが、なぜ夜服用することはいけないのか気になっている人もいるでしょう。

夜に飲んではいけない理由は、ラシックスの効果にあります。

ラシックスを服用すると、30分から1時間程度で効果が出てきます。そして、熟睡した頃には作用は最大値を迎えることになります。

ラシックスを夜に飲んでしまうことでなにか副作用が出るわけではなく、寝ているときに何度もトイレに行くことになってしまうので、睡眠を十分に取ることができなくなってしまうことが問題なのです。

もちろん、昼夜逆転している人であれば夜に飲んでも問題はありません。寝る前の服用があまりよくないということなので、自分の生活リズムに合わせて服用するようにしましょう。

また、電車や飛行機などの乗り物に乗っている時、すぐにトイレに行くことができない状況に置かれているときにも服用するのは避けたほうがいいでしょう。

何度も服用していくうちにどれくらいの利尿作用があるのか分かるようになってくるので、自分自身で避けるべきタイミングは掴めてくるとは思いますが、初めて服用するときにはいつでもトイレに行ける状態で服用するといいでしょう。

ラシックスだけで痩せられるわけではない

ウォーキングする女性

ラシックスはあくまでも利尿作用を活発にさせるものであって、ラシックスさえ服用していればみるみるうちに痩せていくというわけではもちろんありません。太っている原因がむくみにある人もいますが、むくみを解消できたからといって痩せ体型になれるかも分かりませんし、リバウンドが起こる可能性だってあります。

薬に頼ることは悪いことではありませんが、薬を服用すれば解消できると勘違いしてしまうことはよくありません。きちんと、食生活も改善することも大事ですし、日頃からむくみ解消にいいマッサージなどを心がけることも重要です。ダイエットは続けることが大事です。なにか1つでも、継続して努力できるものを見つけておきましょう。

ラシックスを服用しながらダイエットを成功させるには、適度な運動をすることが大事になってきます。運動とダイエットは密接な関係にあり、ダイエット効率を上げるには運動は必要不可欠なのです。

とはいえ、急に運動をするとなってもそうできるものではないでしょう。

ラシックスの服用と並行して簡単な運動に取り組めばより理想的な美しいスタイルになることはできます。

きつい運動は誰しもが避けたいところだと思います。では手軽な運動ならどうでしょう。たとえば、有酸素運動です。

ラシックスでは脂肪量を減らすことはできません。体内にある不要な水分を排出し、むくみを解消するものなので、脂肪燃焼に効果的な有酸素運動をすることがいいのです。

有酸素運動の代名詞ウォーキングは、お金もかかりませんし場所も問いません。

今すぐにでもできる有酸素運動でありながら、かなり効率よく脂肪燃焼することができるのです。ウォーキングは、体内に蓄積されている脂質や糖質など、太る原因になるものをエネルギーに変換して消費してくれるだけでなく、血行も良くなり、新陳代謝も良くなる、まさにダイエットには最適の有酸素運動なのです。

おすすめの記事

むくみの原因は水分

冷えもむくみの原因に!?

多くの女性を悩ませるむくみ。運動不足、同じ姿勢を続ける、冷え性などが原因です。思い当たる原因を見つけ改善しましょう!

ラシックスのパッケージとシート

3つの利尿剤

利尿剤で有名なのはラシックスですが、その他にもいくつかの種類があり、効果の強さも違ってきます。

マッサージ

マッサージでむくみを解消!

マッサージもむくみを解消するには有効です。いくつかおすすめのマッサージをご紹介するのでぜひ試してみて下さい。

個人輸入代行で購入する女子

通販を使って美しくなろう

ラシックスは美容クリニックで処方してもらうと意外に高いです。しかし通販なら安価に購入出来るので利用をおすすめ致します。